iPhone7発売前に中国で例年通り発売日前にパーツ流出。

iPhone7公式に発表されましたがiPhone修理店としては「修理できるのか?」「パーツ価格は?」「いつから新機種のパーツの仕入ができるか?」が気になるところです。

iPhoneの組立工場(フォックスコン)が中国にあり、パーツの仕入は基本的には中国からの輸入になります。毎年、この時期になるとiPhoneの新機種のパーツがチラホラ売られ始めます。弊社中国スタッフからiPhone7液晶やその他パーツが送られて来たので掲載します。

■iPhone7パーツ各種写真

img_0498img_0499-1iphone7%e9%83%a8%e5%93%812iphone7%e9%83%a8%e5%93%81

ぱっと見はiPhone6などのパーツとあまり変化はございませんが、コネクタの位置や形状がけっこう変わってます。大体のパーツが見ればどの機能を持っているかはわかる状態なので、ある程度慣れた技術者であれば初見で分解できそうな雰囲気。

■修理できるのか?

液晶やパーツ自体は現状販売自体されておらず、細かい仕様を確認することはできませんが歴代の機種と比べて格段に修理難易度が上がることはなさそうです。

■iPhone7のパーツ価格は?

例年通りだと発売前の液晶が日本円で40,000円〜50,000円ほどしていましたが、今回は弊社中国拠点情報では価格はまだわからないとの回答。(もし情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、恐縮ですが共有いただければ幸いです。。)

■新機種はいつ頃から仕入できるか?

毎年発売日前に試しに数枚購入しているのですが、今回の7についてはまだ買えないとの回答をもらっています。明確な実数値で掲載することができませんが、過去のデータを追ってみたとこと新機種発売後9月〜10月いっぱいは、新機種の受注データがございません。実際液晶価格が高すぎて仕入をするリスクが高く、そんなに急いで仕入をする必要もないとの判断から現状7のパーツ情報に対してあまりアンテナを立ててないというのが実情ですが。。

新着情報あり次第また更新したいと思います。