【持っていると役に立つ!】こんなのあるの?iPhone用バッテリーチェッカー

今回は弊社で使用しているバッテリーチェッカーをご紹介いたします。
こちらの機械はiPhone用のバッテリーを右側のコネクタに直接指すと、
液晶上にバッテリー充電回数などの細かい情報が表示される優れものとなります。
このバッテリーチェッカーはバッテリー駆動もしますが店舗等で常時使われる際などは基本的にmicro USB端子と繋いで使うのが良いですね。本機にはバッテリーの充電機能も備わっているのでmicro USBと繋ぐことによってそちらの機能も生かすことができます。

こちらのスイッチが本機の電源のON,OFFとなり、その横の穴がmicro USBを挿す部分となります。
電源スイッチに関してはバッテリーやmicro USBを繋いだ時点で電源がオンになりますので正直あまり使わないと思います。


それでは本機の主な使い方と液晶に何を表示しているかのご説明をいたします。
まずは液晶下にあります4つの黒いボタンの説明です。こちらは左から
・TEST:バッテリーの通電確認のボタン
・ACTIVE:バッテリー充電のボタン
・COPY:通常状態だとこちらのボタンは使用出来ません
・CYCLECOUNT:バッテリーの総充電回数確認のボタン
となっております。

次に液晶の表示ですがこちらは上から
・Model:接続しているバッテリーが何の機種なのかを表示しております。
・DesignedCAP(キャパシティー):バッテリーの設計容量です。
・MaxiumCAP:バッテリーの有効容量です。
・CurrentCAP:現在のバッテリーの容量です。
・ChargeState:iPhoneに装着した際に表示されるバッテリー残量です。
・Temperature:バッテリー内部の温度です。
・CycleCount:バッテリーの総充電回数です。
・Voltage:バッテリーの電圧です。
・MCU chip:バッテリー内部のチップの確認が出来ます。
・FactorySN(シリアルナンバー):工場のシリアルナンバーです。
・ProductSN:製品(バッテリー本体)のシリアルナンバーです。
以上の通りです。
こちらを使用することでそのバッテリーが粗悪品かどうかの判断をする事が可能なので仕入れの際など非常に重宝致します。
※尚、こちらのバッテリーチャージャーに関しましては現在販売用在庫がございませんので、購入をご検討の方は御一報お願い致します。