iPhone7を分解しました〜注意点と解説〜

iPhone7が発売されてから早くも半年が経過しようとしております。ですが修理で使用するパーツの金額がなかなか下がらない現状、修理を行っている修理屋もそう多くはないでしょう。また新機種ということもあり修理自体の敷居が高く感じられ、なかなか手を出せない方々もいるのではないかと思います。

 

そこで今回は、弊社にたまたまやってきたジャンク品のiPhone7を使いながら分解手順や修理の際に気をつける点などを画像つきで解説していきたいと思います。

 

 

こちらがそのジャンク品のiPhone7です。

 

 

きれいなボディーしてるだろ。ジャンク品なんだぜ。それで…(笑)

 

 

と言った感じで見た目は綺麗で電源も付くのですが中身のパーツが数個欠品しておりますのでその辺は私の解説とご想像にてご判断下さい…

 

iPhone7フロントパネルを開ける

それではまずフロントパネルをあけて見ましょう。

これまでのiPhoneとは違いiPhone7は縦開きから、横開きになりました。iPhoneを開ける際に使用する道具は人によって吸盤を使用する方もいればヘラやマイナスドライバー等を使用する方もいらっしゃると思います。(ちなみに私はヘラを使用します)この際の注意点と言いますか、実際に私が当初間勘違いをしていたことをお書きいたします。

 

 

私の個人的な開け方ですが、まず従来のiPhoneであれば画面左下にヘラを差込み、その後左右の引っ掛かりを外し引っ掛かりを外したパネルを少し下にスライドさせ縦に開ける方法をとっていました。

 

分解前にiPhone7が横開けという情報を得ていたので下、左、上という順番でヘラを差し込んだのですが、iPhone7も従来の端末と爪の位置は変わっていませんのでその行動に意味はありませんでした(笑)

 

 

しかし右側にコネクタが付いていますのでヘラなどの物で開ける場合差し込みすぎるとコネクタを切ってしまう恐れがあります。そして左右の引っかかりを外した後そのまま横に開けると思っていましたが、こちらも従来通り上にも爪があり少し下側に向かって液晶を引っ張ってからでないと外れない構造となっておりました。

 

 

長々と書いてしまいましたが、結論パネルの外し方は従来と変わりませんが右側の引っ掛かりを外す際には注意しましょうということになります。

 

 

1つ前の画像で気づいた方もいると思いますが、この時点で既に液晶コネクタ側のシルバープレートネジ複数とインカメラの配線側のシルバープレートが欠品しております…

 

ちなみにiPhone7は下側にコネクタが2本出ており、1本が液晶表示やタッチをつかさどるコネクタとなっており、もう1本がホームボタンと3D touch用のコネクタとなります。上側のコネクタは近接インカメラのコネクタとなります。それではプレートとコネクタを外し、本体からフロントパネルを分離させましょう。

 

 

プレートを外す際に注目していただきたいのがこちらのトライウィングネジ(以下Y字ネジ)です。iPhone7にはこの規格のネジがプラスネジと半々くらいの割合で使用されております。

 

そしてこちらは0.6cmの“トライウィングドライバー”にて外すことが出来るネジとなっております。

 

 

ガラケーやポータブルゲーム機等の分解をした事がある方はこのトライウィングドライバーを持っていると思いますが、大体使用されていることの多いサイズが1.8cmとやや大きめなサイズとなっております。その為、この規格のネジが起用されることは少ないので大半の方が新しく購入されることになるでしょう。そしてこのネジ…本当に舐めやすいです…(笑)なので、ネット等で安売りされているドライバーを使用する際は各自のご判断で慎重に取り扱いましょう。

 

 

パネルを外した様子です。

 

本来下のコネクタが2本出ているはずなのですが…

 

こちらもこのジャンク品には存在しません…

 

では早速こちらもバラしていきましょう。

 

分解手順の決まりは特にございませんので、私なりの手順でご説明いたします。

 

近接インカメラ+イヤースピーカーユニットを取り外します。

フロントパネルはこちらの部分のみプラスネジが使用されております。

まず赤丸で囲まれた3点のネジを外し、シルバープレートを外します。

その後青まるで囲まれたネジを2点外すとイヤースピーカーを外すことが出来ます。

iPhone7はイヤースピーカーがネジ止めされているので、シルバープレート止める際にスピーカーが動くことがなくなったので、これまでの6以前のiPhoneを修理してきた方々には良い変更点ではないでしょうか。

こちらはイヤースピーカーを取り外した画像となります。近接インカメラの外し方ですが、基本的には6以前の機種とそこまで変わりません。私はピンセットを使用し外すのですが、7の場合はまず青丸の2箇所どちらかにピンセットを差し込み、近接センサーを枠から外します。この際に気をつけることは、枠に引っかかっている近接センサーを無理に剥がさないことです。経験がある方も少なくないかと思いますが、センサー部分がかなり剥がれやすいパーツとなりますのでここは慎重に作業しましょう。枠から剥がし終えた後は赤丸のどちらかに同じようにピンセットを差込みイヤーゴムの粘着から剥がしましょう。6以前の端末は設置面の四角い粘着を剥がすことで簡単に取ることが出来たのですが、7に関してはスピーカーの接点が下側についており、その面にも粘着が付いていますので四角い粘着を剥がした後は左側から少しずつ粘着をとっていくのがよいでしょう。

こちらが近接インカメラまで外した状態となります。7からはイヤーゴムをネジで止める構造になりました。左上に止まっているのがそのネジです。

先ほどまでの工程でフロントパネル上部の分解が終わりました。その後は左右合計6本のY字ネジを外します。そしてホームボタン周りの4本のネジを外し、シルバープレートを外します。

 

ホームボタンのケーブルはこの様に左開きで外します。ケーブル下の粘着は6系と同様なので薄いヘラなどを使用し、傷をつけないように外します。

ケーブルを浮かせた後のホームボタンの外し方は6以前同じく表側から押し抜く様に見えますが、後ろ側から押し抜く逆の構造になっております。

私、最初はずっと表側から押しておりました…(笑)

7からは物理ボタンはなくなりましたが、擬似ボタンであることや指紋の縛りがある事から個人的には壊れた際のリスクが大きくなった気がします。

ホームボタンを外した後はいよいよ最後の工程となります。

ヒートシンクプレートの外し方ですが、フロントパネル上部から画像のように徐々にめくり上げます。

液晶やホームボタンのケーブルがプレート下部に張り付いているので、そのまま上げ過ぎてしまうと断線してしまいます。

その為、画像くらいの位置でケーブルを傷つけない様にヘラなどをプレートとケーブルの隙間に入れて剥がしていきます。硬い場合は少し暖めても良いかもしれませんね。

以上でパネルから移植するパーツの取り外しが全て完了となります。

後は今の手順の逆を行い、新しいパネルに各パーツを取り付けていきます。

フロントパネルの分解に関しましては先ほどで全てなのですが、

7のパネルを修理する上で、個人的に私が一番気をつけねば…と思う部分をご紹介致します。

それは画像赤丸部分、ホームボタンコネクタのケーブルが曲がる所になぜか切れ込みの様なものが入っております。

この構造上、少しでもこの部分に力を加えてしまうと簡単に切れてしまいます。

上記画像は弊社で仕入れている7の在庫パネルで確認したものですが、分解時にご説明したジャンク端末の方はまさにこの部分で切れておりました。

なので、皆様もお取り扱い時には細心の注意を払って作業しましょう。

 

長々と書いてしまいましたが、以上で全てのご説明を終わらせていただきます。

個人的には6以前の端末修理が完璧にこなせる方で注意点さえ抑えていれば難なく修理可能かと思います。

そして、この記事を読んでいただき、少しでも分解時のお役に立てたのなら幸いです。

他にも何か気になる点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

又、弊社にてiPhone7のパネルやトライウィングドライバー等も仕入れることが可能なのでそちらの方もよろしくお願いいたします。