発売前にiPhone8入手!?深センから投稿 

中国のシリコンバレー深セン

 

 

 

 

 

 

iPhoneなどのスマートフォン系のパーツは全て中国の深センというところから輸入しております。最近は急速な経済成長を遂げている都市で、人口が東京より多い1400万人以上、「中国のシリコンバー」と呼ばれるほど勢いがあります。

 

鴻海、シャープの買収手続き完了 

iPhoneを製造しているFoxconnが4万台のロボットを導入

 

シャープやジャパンディスプレイ、サムスンなど大手メーカーが液晶の供給をしていたりしますが、組立はこの深センのフォックスコンという工場で全て組み立てられています。鴻海精密工業というフォックスコングループの中核企業が昨年シャープ買収が記憶に新しいですね。

 

深センの電子市場華強北路(ファーチャンペー)にはスマートフォンの部品以外にもドローン、GoPro、ハンドスピナー、3Dプリンタのような流行りのものからPC、色々な基盤部品、電池、LEDなど電子系の製品、部品がたくさんそこら中で売られていて、ガジェット好きからしたら1週間くらい歩き周っても足りないくらい楽しい街です(そこら中でドローンが飛んでたりします。笑)何度も深センに足を運んでいますが、毎回新しい発見や刺激を受けて帰国しています。

iPhone8らしくものを入手しました!笑

今回深センの電子市場を歩いていたらiPhone8?が売られていました。

「おっ!!こんなところにiPhone8が!!」と思って手にとってみたらモックでした。。笑(↑画像はiPhone8かもと噂の流出画像です)

 

 

とりあえず120元と安かったので購入〜

 

 

 

 

 

 

 

自分のiPhone7と比べてみました(私のiPhoneはパネルだけ赤カスタムしてあります。)

大きさはリーク情報通り5.0インチみたいですね(モックですが、、)

 

デザインがかなり不評な背面はこんな感じ(モックですが、、)

このモックの他にもケースもけっこうたくさん売ってました。深センでは数ヶ月前からiPhone8系のものすでに売られているみたいです。

 

釣り気味なタイトルで申し訳ございませんでした。モックなのでそこまで書く内容がないため以上になります。。このモックはたぶん日本に持ち帰らないと思います。。