iPhoneとandroidのバックアップ方法

スマホ修理業を行っていて、お客様との会話中で一番ネックになるのはバックアップ、データ保護についてどう保護するのかが分からないの質問が結構多いですよね。

AndroidiPhone共にバックアップ方法に違いがあれど様々な方法でデータ保護ができるので余計にどれを選択すればよいのか混乱してしまいます。

また、アプリの中の情報は端末とは関係なくアプリ事態で管理しなければならないものがほとんどになってきました。

それと、データ(ストレージ)管理です。iPhoneAndroidも決められたメモリー領域、ストレージになりますが、そこの管理を見ないで使用する人も多くいます。 メモリーは限られたものなので使い切ってしまうと不具合を起こします。設定の見方と処理方法を学んでいきましょう。

 

    iPhoneandroidの端末(携帯電話)での見えるデータの区分け

    データ保護方法

    メモリー領域確認と処理

の分野で進めていきます。

 

    iPhoneのデータ保護

基本はicloudでサーバー管理かuserのパソコン管理になります。初期化状態でのアプリの保護が基本で、その他ダウンロードしたアプリはアプリ内で設定しcloud方式で戻すものが多いのでご注意ください。例でいえばlineとかでしょうか。

Androidの場合は設定内→ストレージ→SDカードへの転送とし写真、動画、音楽をSD内に保存可能です。アプリ管理は各アカウントと同期していればGoogleplayから履歴として戻りますがこれもiPhone同様アプリはアプリ内での管理が支流となっていますのでご注意ください。Androidは各メーカーごとにiTunesのような管理ソフトがあるものもあります。例えばSony製品だとXperia companionというソフトをPCにダウンロードすればバックアップできます。各メーカーのホームページ内サポートで有無をお調べください。

②のデータ保護方法

iPhonePCをお持ちでない方はiCloudでバックアップする方法です。iCloudでバックアップする場合はWi-Fi環境が必要になります。自宅にWi-Fi環境がほしい場合は、格安でネット使い放題のiphoneでもパソコンでも同時に使えるWiMAXなどがありますよね。

まず設定から「Wi-Fi」を「オン」にして、そのあと順番に「設定→iCloud→バックアップ」とタップしていき、iCloudバックアップという所が「オン」になっているのを確認して、「今すぐバックアップを作成」をタップするとバックアップされます。

iCloud を使う方法は手軽ですが、iCloud に空き容量(ストレージ)がないとバックアップできません。また、バックアップされるデータは一部に留まります。自分のiPhoneが何ギガであるかの把握、現在の使用容量の把握が必要です。アップルアカウントでの有料の各ストレージの容量別に任意で購入しバックアップを作成します。その時データ管理もできます、各アプリのデータを保護するかどうかを任意で設定できるので頑張ってみましょう。

パソコンにiTunesをダウンロードしiTunesでのバックアップ

これが一番わかりやすいバックアップ方法だと思いますがパソコンお持ちでない方は厳しいですね。どこかしらのパソコンを使用しHDDなどにダウンろうーどしデータ保護するやり方もありますが少しばかりパソコンの知識が必要となります。

iTunesがダウンロード出来たら開きましょう、iPhone に付属する Lightning ケーブルの USB 端子側を PC に挿し、Lightning コネクタ側を iPhone に挿します。iPhone側がPC認証を求めてくるので許可をタップしバックアップ作業に入ります。まず「このコンピュータ」を選択します。次に「iPhone のバックアップを暗号化」にチェックを入れます。暗号化することでバックアップのデータを保護できるほか、iPhone に登録されているアカウントのパスワードもバックアップできます。次に暗号化するためのパスワードを設定します。このパスワードを忘れるとデータを復元できなくなるので要注意!パスワードを再設定する方法はありませんのでわかりやすく0000ゼロ4つとかいいかもですね。

順番で言うとこのコンピュータ→バックアップ暗号化(パスワードは任意)→今すぐバックアップ→完了後同期して終了を押します。

以上の2つの方法にはバックアップできるデータに違いがあるようです。

iCloud でバックアップする場合

以下のデータを保存できます。

・カメラロールにある写真・ビデオ

・デバイスの設定

・アプリのデータ

・ホーム画面のアプリの配置

・iMessageSMSMMS のメッセージ

・着信音

・ビジュアル・ボイスメール

iTunes Store で購入していない曲・映画は保存されません。また、Podcast・オーディオブック・PC から同期した写真も保存されません。

iTunes で暗号化してバックアップする場合

iCloud よりも多くの種類のデータを保存できます。

・連絡先・よく使う連絡先

・アプリのデータ(アプリ自体と一部のデータは保存されません)

・アプリの設定・環境設定・書類などのデータ

・ウェブページに自動入力する内容

・カレンダーのアカウント

・カレンダーに登録している予定

・通話履歴

・カメラロールの写真・ビデオ

・Game Center のアカウント

・ホーム画面のアプリの配置

・アプリ内で購入したもの

・メールアカウント・Wi-Fi・ウェブサイト・アプリのパスワード

・位置情報の使用を許可したアプリ・ウェブサイト

・メールアカウント(メールそのものはバックアップされません)

・インストールされているプロファイル(別のデバイスには復元できません)

・マップアプリのブックマーク・検索履歴

・Microsoft Exchange のアカウント設定

・ネットワーク設定

・Nike+iPod のワークアウトと設定

・オフラインのウェブアプリのキャッシュ・データベース

・登録されている Bluetooth デバイス

・Safari のブックマーク・Cookie・履歴・オフラインデータ・現在開いているページ

・保存されている変換候補

・iMessageSMSMMS のメッセージ

・ボイスメモ

・壁紙

・ウェブクリップ

バージョンアップなどで変更する可能性もありますが保護履歴もiTunesの環境設定内で見れるようになっています。

後はiPhone内でダウンロードしたアプリによるデータの保護方法があります。

userが任意で使いやすいアプリケーションを使用していただければいいと思います。Googleのアプリ、各キャリアのデータ管理アプリ、アカウントとパスワードを設定しサーバー内にデータを保護します。要はicloudと考え方は同じです。

iPhoneのバックアップは以上3通りのどれかを使えば出来ると思います。

選択が多いのでどれを使用していいのか解らず結局データを保護していない方が多いですけれど、パソコンなくてもcloudが分かりにくくてもアプリで何とかできる思いますよ。

メモリー領域確認と処理

メモリー領域(ストレージ)の管理がほとんどの方があまり気にせず見ていない人が沢山いますが、コンピューターなので結構重要です。パソコンで言うとHDDをフルに使用し起動できなくなるのとほぼ同じ状態になります。システムクラッシュも起きやすくなるのでメモリー領域は最低でも1GB以上は必ず確保することをお勧めします。

iPhoneでは設定→一般→情報→各端末情報がありますの使用可能領域を見ればあと何ギガあるかを見ることができます。空き容量がなくなっている場合は写真動画など保護して削除、いらないアプリなどの削除などをしていくと空き容量が増えていきます。

Androidでは設定→ストレージで確認ができます。空き容量がない場合、設定→アプリでいらないアプリのアンインストールをしていきます。ここでシステムのアプリを消さないようにしましょう。システムを削除してしまうと動かなくなったりします。

以上。