iPhone7 液晶パネルの違いとFeliCaご利用の際の注意点

iPhone7・7Plusからの新機能のひとつにFeliCa(非接触型ICカード)に対応したことが挙げられます。これはいわゆる「電子マネー」として使える種類の一つで、FeliCaという名称は開発元であるSONYの登録商標です。この機能を使えば、iPhoneを駅の改札やコンビニのレジにかざすだけで、気軽にキャッシュレスで支払いができます。

 

 

 

 

 

FeliCaで不具合発生!?

弊社で修理を行なった中にも、iPhone7Plusに買い換えて通勤定期などをFeliCaにひとまとめにして使っているというお客様が時々いらっしゃいました。ある時、お客様から「FeliCaを使ったら操作ができなくなった」という問い合わせを受けました。以前に別の修理店で画面交換の修理歴があったとの事で、液晶パネルの不具合と判断し、弊社で交換を行いました。その後、何とまたFeliCaご利用時に同様の症状が発生致しました・・・。

 

原因は「液晶パネル」!?

その後、お客様のご協力も得ながら調査を行なったところ、何と原因はFeliCaや基盤ではなく、コピーパネルにありました。

iPhoneの液晶パネルの違いについては、以前にもこちらこちらで記事にまとめさせていただいたのですが、「FeliCaを使用すると画面操作ができなくなる」という今回の謎の現象、実はコピーパネルから再生パネルに換装する事でピタッと治まりました。

恐らく、FeliCaの機能に必要な回路の一部が純正の液晶パネルにも組み込まれているのでしょう。中国製のコピーパネルは液晶表示やタッチ操作が主で、FeliCaの機能性までは完全再現とはいかなかったようです。さすがにいちいちパネル交換して電車に乗ったりコンビニで買い物したりして検証するわけにもいきませんからね・・・(苦笑)

 

まとめ

iPhone7、7PlusでFeliCaをご利用されている、または利用する予定のあるお客様に対しては、不具合回避のため「再生パネル」を強く推奨しましょう!

当然、コピーパネルよりも金額は高くなってしまいますが、リスクマネジメントの一環として、覚えておいて損のない情報だと思います。

弊社では再生パネル、コピーパネルともにパーツ販売のご用意がございますので、パーツのご注文やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。