iPhone8フロントパネルの特徴と注意点

 

iPhone8の交換用パーツも徐々に流通が安定し、そろそろ修理に着手した修理業者さんも多いかと思います。

今回はiPhone8の互換パネルの特徴をご紹介します。

 

 

 

写真右側がiPhone8用のパネルです。左には比較用に7用のパネルを並べてみました。
一見、ほとんど違いが無いように見えますね(笑)

実はiPhone8の構造は、一部を除き7からほとんど変化していません。
構造自体の主だった変化として、ワイヤレス充電に対応した点が上げられますが、これは背面側に新たに備え付けられた受電用コイルの働きによるものですので、液晶パネル側には目立った変化はありませんでした。

では、実際の所どの辺りがどのように変化しているのか、ポイントを挙げていきましょう。

 

○パネル上部の爪が変更

 

 

 

こちらはiPhone8用パネルの上部を拡大した写真です。
見慣れない金属製のパーツが2箇所、飛び出しているのが分かるでしょうか?

今までの液晶パネルと大きく変わった点として、この爪部分が挙げられます。以前の機種であれば鉤型の爪が上向きに生えていたので、パネル交換の際には本体と並行にスライドさせる必要がありました。

8のパネルの場合は爪がパネルと垂直方向に伸びているだけなので、粘着テープだけ剥がせばそのままパネルを開く事ができます。体感的にはかなり開けやすくなっていると思います。

 

参考までに、iPhone7のパネルの爪と見比べてみましょう。

・鉤型の爪が上下方向に引っ掛かる。
・分解の際には右向きに開く。
・粘着テープが全周に貼られている。

といった構造から、慣れないうちは結構開けづらい印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか?
爪の形ひとつ変わるだけでも、ずいぶん楽になるのではないでしょうか。

○ホームボタン側の構造は変化なし?

続いてはパネル下側、ホームボタンとケーブル類の部分です。

・・・こっちは7と変化ないですね(笑)
ホームボタンの形状が変わっていない以上、特に変える必要も無かったのでしょうか?
ケーブル自体も7から変化していない というより、ケーブル自体が変更されていないらしく、なんと、iPhone8にiPhone7のパネルを仮付けして起動する事まで可能です。
ただし、液晶は表示されるもののタッチ操作を一切受け付けないのと上述の爪の形状が違うため、iPhone7のパネルをそのまま流用という訳にはいきませんでした。

こちらも実際の分解の際にはホームボタンを傷つけないこと、ヒートシンクプレートを剥がす際に液晶パネルのケーブルを痛めないようにすることの2点に要注意です。

 

iPhone7の液晶パネル分解の際の注意点については過去に記事を書いておりますので、ご参考までにご一読いただければ幸いです。

iPhone7液晶パネル分解の注意点まとめ

 

○まとめ

iPhone8のパネルの構造についてピックアップしてみましたが、正直な話、iPhone7から目立った変化は無いことがお分かり頂けましたでしょうか?

実は「iPhone7から目立った変化が無い」という点は互換パネルの開発についても同様であったらしく、iPhone8/8Plusの互換パネルの販売価格は例年の最新機種用の価格相場と比べてもかなり安くなっています。

これは製造の際のパーツの多くがiPhone7/7Plusから流用できた事が大きいそうです。

 

弊社でもiPhone8/8Plusの互換パネルを取り扱ってございますので、ぜひ一度ご覧ください。