【重要】iOS11.3.1公開と11.3動作不可バグの解消

先日ご紹介した、iOS11.3で互換パネルを取り付けると操作不可能になるトラブルですが、Apple公式からiOS11.3.1の公開と同時にこのトラブルに対処したとの発表がありました。

 

以前掲載した記事はこちらをご参照下さい。

>>iOS11.3のトラブルにつきまして

 

 

 

◯iOS11.3.1の仕様変更内容とは?

 

 

現地時間4月25日に新たに発表されたiOS11.3.1について、iPhoneの「設定」アプリからは上記の写真のような内容が表示されます。

 

このアップデートが完全に先日ご紹介したトラブルに対して行われた事を示していますね。やはり原因はiOSのバグか何らかのミスだったのでしょうか?

 

弊社でも検証した結果、アップデートが問題なく完了していれば、操作不可のトラブルは回避できるとのことですので、各修理店様でも端末をお預かりの際には必ずiOSのバージョンをご確認下さい。万が一バージョンが11.3のままであれば、お客様にはバックアップ作成の上でアップデート後に修理をを強くお勧めするべきでしょう。

 

 

 

 

◯iOSが原因となるトラブルに対処するには?

今回のケースや、以前ご紹介したiOS11.0.3の時のようなiOS関連のトラブルでは、修理店側から予測して回避することはほぼ不可能と言って良いでしょう。

 

万が一、今後同じようなiOSが原因と思われる症状が発覚した場合のために、状況確認のための対処法をご案内致します。

 

①すべて元のパーツで組み戻す

 

一旦全てのパーツを元々のiPhoneのパーツで組み立て直します。その後症状が収まるようであれば、別の五感パネルと再交換することでパーツの初期不良かどうか、再生パネルと交換することで交換作業自体が原因となったのかが判別できます。

 

動作チェックと検証の際には、検証対象となる部品以外の全ては通常通りにコネクタを接続して下さい。ネジは全て締めなくても大丈夫です。

 

 

②iPhoneのダウングレードを試す

 

通常であれば一度更新したiOSは古いバージョンには戻せませんが、Apple公式の署名が有効なバージョンであればiTunesからiOSをダウングレードすることが可能です。

 

但し、ダウングレードにはiTunesとiPhoneのバックアップデータが必須となります。

バックアップ作成や復元の失敗による新たなトラブルを招く恐れもありますので、お客様とよくご相談の上で、あくまで手段のひとつとして考えていただくのが良いかと思います。

 

 

③iOSは不必要に最新版にしない

 

これは予防策という事になりますが、iOSを小まめにアップデートする事は避けるべきでしょう。

特に、俗に「大型アプデ」などと呼称されるバージョンの数字が大きく変更する場合は、新機能や仕様変更等で内部データが大きく書き換わる場合がほとんどです。大幅なデータ書き換えの際にデータエラーが発生する危険性や、更新後にバッテリーパフォーマンスが低下する報告も毎回のように挙げられています。

iOSをアップデートする際には、必ずバックアップを確保し、更新後の変更点と弊害を吟味した上で更新するように注意しましょう。

 

 

◯まとめ

 

今回のトラブルに関しましては、Apple公式からのiOSの改善の形で収まるかと思われますが、皆様がいくら日々の修理作業を安全に熟していても、修理店の技術や知識以外の外的要因から思わぬトラブルが発生する可能性は否定できません。

 

修理についてお困りごとやご不明点がございましたら、お気軽に弊社までご相談下さい。