【重要】iPhone7系の互換パネルとFeliCa利用時のエラーについて

以前ご紹介した、iPhone7/7Plusの液晶パネルを互換品(コピーパネル)に交換した状態でFeliCaやモバイルSuicaの機能を使用すると、画面操作がフリーズしてしまう症状について、新しい情報が入りましたのでご紹介いたします。

 

以前の記事につきましては、こちらをご覧ください。

>>iPhone7 液晶パネルの違いとFeliCaご利用の際の注意点

 

 

 

○NFCの方式が国内外で異なっている!?

 

既にご存じのとおり、iPhone7からの新機能としてNFC(Near Field Communication『近距離無線通信』等と訳されます。)が搭載され、いわゆる「おサイフケータイ」「モバイルSuiCa」等のサービスが利用可能になりました。

 

 

実は、日本国内で発売にされているiPhone7と国外版のiPhone7は、このNFCの方式が違っているのです。以前の記事でもご紹介いたしましたが、「FeliCa」とは開発元であるSONYが独自に開発した規格です。商標登録も取っていますし、国外向けには展開されていません。

 

 

○液晶パネルとNFCの関わり

 

今回取り上げている液晶パネルの動作不良問題については、このFeLiCaの規格が深く関わっていると思われます。これまでの検証で、コピーパネルだけが動作不良を起こすことから、おそらく純正の液晶パネルに備わっているICチップがコピーパネルには存在しない、あるいは規格が合わないことがこの問題の原因であると予想されていました。その後、コピーパネルメーカーの品質向上やiOSのアップデート等もあり、あまりこの問題が大きく取り上げられることはなくなりました。

しかし、このコピーパネルとの規格や相性の問題について、今回新たに具体的な情報が入りました。

 

○コピーパネルがFeLiCaに対応できないことで起こるバグ

 

コピーパネルでFeLiCaを使用した際、iPhoneの「地域設定」に異常が起きるとの情報がありました。おそらく日本国内独自規格であるFeLiCaに外国製のコピーパネルを無理やり適応させた反動ではないかと思われますが、動作不良が起きた後、再起動して「設定」→「一般」→「言語と地域」の項目が別の国に切り替わってしまうケースがあるそうです。この設定をもう一度「日本」に戻すことで、動作不良が改善されるとのことです。

 

 

○コピーパネルの品質の問題について

 

コピーパネルのメーカー各社もこの問題は把握しているようで、最近はこのトラブルについての情報はほとんど入ってこなくなりました。しかし各店舗様におかれましても、FeLiCaの機能は動作チェックがかなり難しいことから、コピーパネルの品質につきましては不安に思われることもあるかと思います。

 

弊社でもコピーパネルの仕入れには特に注意を払い、FeLiCaを含めたトラブルが少しでも起きにくい、信頼できる品質のパネルを取り扱って参ります。

 

また、今回の情報を受け、弊社では新たにFeLiCaの動作確認が可能な設備を設けました。卸事業部にて実際にコピーパネルを装着した状態でFeLiCaの動作を確認することが可能です。

今後とも、情報収集と安定した品質の維持に努めて参ります。