「iPhone XR」正式発表

昨夜行われたAppleスペシャルイベント
「Gather round」にて、iPhoneの新機種が正式に発表されました。
読み方は「アイフォーン・テン・アール」
別記事でご紹介し、Appleスペシャルイベントで発表された「iPhone X」の後継モデル「iPhone XS」「iPhone XS Max」の廉価版となるであろう「iPhone XR」発表されたほかの機種とは何が違うのか、発売日はいつなのか、詳しく見て行きましょう。
「機能・スペック・価格」
「Liquid Retina」
6.1インチのディスプレイを搭載。
ただし、このディスプレイ
「iPhone XS」「iPhone XS Max」で搭載されている「有機ELディスプレイ」ではなく
「液晶ディスプレイ」となっています。
解像度は1792×828ピクセル(326DPI)
画質が粗いという事は無いかと思いますが
「iPhone XS」などよりかは見劣りするかと思います。
「A12 Bionic」
こちらは「iPhone XS」「iPhone XS Max」同様のチップを搭載。
「Face ID」
廉価版であるが、「Face ID」を搭載しています。これにより今回発表されたiPhoneは全て「Face ID」(顔認証)になりホームボタンを搭載したiPhoneが無いという事になりました。
ホームボタン…好きだったのですが、
もう戻ってこないのでしょうか……
「防水防塵」
「iPhone XS/Max」はIP68ですが、
こちらはIP67(iPhone X同様」となっています。
「カラーバリエーション」
・ホワイト・ブラック・ブルー・コーラル
・イエロー・プロダクトレッドの6色展開。
「3D Touchは非対応」
6s以降から搭載されていた3D Touch
「iPhone XR」では対応せず代わりに
「Haptic Feedback」という機能が追加されました。(よくわからない)
3D Touch個人的にはめちゃくちゃ使う機能なのですが世界的に見るとあまり使用頻度は無かったのでしょうか?
「1200万画素シングルカメラ」
「iPhoneXS/Max」に搭載されていた
広角カメラと全く同じものになっていますが
謎技術によりシングルカメラにも関わらず
ポートレートモードに対応しています。
画像処理エンジンGPUが向上した事により
ソフトウェア側で背景ボケの処理ができるようになったと思われます。
「電池持ち」
「iPhone 8 Plus」(5.5インチ)よりも大きい
「iPhone XR」(6.5インチ)にも関わらず
バッテリー持ちは「iPhone 8 Plus」に比べ1時間半も長くなっています。
「発売日」
「10月19日」予約開始
「10月26日」販売開始
「iPhoneXS/Max」の発売から1ヶ月ほど
遅れての発売になるそうです。