HUAWEI 孟晩舟CFO逮捕-表と裏の理由と携帯市場への影響- 

HUAWEI孟晩舟CFO逮捕の携帯市場への影響とは?

huawei
画像引用元:BBC

昨年12月1日、HUAWEI孟晩舟CFOが米国の申請でカナダ当局に逮捕されました。これにより中国国内で、iPhone等apple製品不買運動が起こりました。

その影響は大きく、中国をメインマーケットの一つとしているappleは2019年第一四半期業績予想を下げました。

さらに、中国発のケータイメーカーが国内シェアをのばす結果にもつながりました。

今回は、事件の結果である携帯市場への影響と、孟晩舟CFO逮捕事件の経緯、その理由、3つについてわかりやすく解説しようと思います。

 

孟晩舟CFO逮捕事件の経緯

昨年12月1日に中国の通信機器会社HUAWEIの創業者「任正非」の娘、「孟晩舟」CFOがアメリカの要請でカナダ当局に逮捕されました。CFOとは、 Chief Financial Officerの略で、最高財務責任者のことです。 

 

実の娘ですが、母親の性を名乗っていいるので、「孟」と名乗っています。娘であることはCFOに就任するまでは、公表されておらず実力で出世してきていて、HUAWEIの次期後継者とまで呼ばれていたために、逮捕には衝撃が走りました。

孟晩舟CFO逮捕の理由

私が調べたところ、逮捕の理由は表向きと裏向きの二つがあります。

 

  • 表向き : HUAWEIの対イラン制裁違反
  • 裏向き : 第四次産業革命に対しての米国と中国の主導権争い、米中貿易戦争、米中貿易摩擦   

 

 

表向き : HUAWEIの対イラン制裁違反

イランには核開発疑惑があるので、アメリカは対イラン経済制裁を行っています。具体的には、イランの会社との商取引の制限などです。

 

イランにある、スカイコムという会社を通じて、HUAWEIはイランでの商売をしていましたが、これが対イラン経済制裁に違反したためCFOが逮捕されました。

 

しかし、これは表向きの理由にすぎないといえます。

 

 

裏向き : 第四次産業革命に対しての米国と中国の主導権争い

 

第四次産業革命

 第一次産業革命は、高校の世界史で習ったいわゆる「蒸気」を動力源とするものをいいます。イギリスで最初に発生し、その結果イギリスは「世界の工場」と呼ばれるほど工業が発展しました。

 

第二次産業革命は、「電気」と「石油」を動力源にするもので、ドイツとアメリカを中心に起こりました。重化学工業、電機工業を中心に発展しました。

 

第三次産業革命は、冷戦が終わり、アメリカの「コンピューター」や「インターネット」といった情報通信技術を軍の機密から民間に普及させたことでおこりまいた。

 

これによりGAFAを構成するappleやGoogle、FacebookなどのアメリカのIT企業が成長し、現在も続くアメリカ優位の世界経済がここから始まりました。

 

情報通信産業の発展は、アメリカに経済における圧倒的な優位と共に、軍事諜報活動の優位ももたらしました。最先端のインターネット技術を持っていれば、世界中の国の情報を容易に集めることができたということです。

 

一方で、第四次産業革命では、「AI]や「Iot」、「5G通信」がキーワードとなります。これらの新技術の開発で最先端を行くのはHUAWEIやZTEなどの中国企業です。

 

中国は、国内にGoogleやFacebookといった外資を進出させず、HUAWEIやZTEといった国産企業に補助金を与え成長させてきました。

 

さらに、「AI」の開発に必要となる大量のデータ、「ビッグデータ」も国が個人の情報を収集するのを合法化する「国家情報法」によって大量に蓄積されています。

 

 そのため、アメリカは、中国がHUAWEI等の中国企業が情報を収集するのを恐れて、政府機関での使用を控えるように関係各国によびかけています。

 

同様に、中国の情報通信会社「ZTE」もアメリカでの商取引を禁止されています。

米商務省は16日、中国通信機器大手の中興通訊(ZTE)0000063.SZ(0763.HK)がイランや北朝鮮に対し通信機器を違法に輸出していたとして、米企業によるZTEへの製品販売を7年間禁止すると発表した。

 

これにより、米企業はチップセットなどの対象製品をZTEに直接輸出することも、第三国を通じて輸出することも、直ちにできなくなる。

引用元:ロイター

携帯市場への影響

china-flag

中国国産メーカーの台頭

中国国内では、このアメリカでの騒動をうけ、apple製品不買運動が起こり、HUAWEI、VIVO等国産メーカーがシェアを伸ばしました。

 

とはいえ、シェア変化の大きな原因は、この騒動ではなく、消費者が高価格なiPhoneより、同等のスペックで値段の安いHUAWEI、VIVOの製品を求めるようになったことが、だといえます。

詳しくは→5分でわかる!中国携帯メーカー 2018年第3四半期の動向

apple業績悪化で、新製品への投資も変わってくるかもしれません。3/25にappleのイベントが行われるそうですが、appleは個人情報を保護する方針を打ち出しているため、今後の動向にも要注目です。