リユースってそもそも何?【スマホリユースのブループリント】

3R Uncategorized

修理店舗・業者向け、iPhoneフロントパネルを格安販売

弊社では、スマホのリユースに力を入れております。
今では、スマホだけに限らず、
その他のものでもリユースが浸透してきているので、
最初にリユースとは何なのかについてお話していこうと思います。

3R(リデュース・リユース・リサイクル)

まず、3Rという言葉が存在します。
3RのRとはリデュース・リユース・リサイクルの
3つのことを示しています。

それぞれどんな意味があるのでしょうか?

Reduce(リデュース)

日本語で『切り詰める』『減少させる』という意味。
ものを作る時に使う資源の量を少なくすることや
廃棄物の発生を少なくすること。

Reuse(リユース)

日本語で『再利用する』という意味。
使用済みのものやその部品などを繰り返し使用すること。

Recycle(リサイクル)

日本語で『再循環』という意味。
廃棄物などを原材料やエネルギー源として利用すること。

 

弊社ではスマホのリユースはもちろんのこと、
iPhone修理後の割れたパネルのリサイクルも行っております。
また、リサイクルだけではなく割れたパネルの買取もさせて頂いておりますので
興味のある方は下記リンクから詳細をご覧ください。

割れパネルリサイクルの詳細はこちら
割れパネル買取の詳細はこちら

スマホのリユースって具体的に何してるの?

“スマホのリユース”と聞くと馴染みがないかもしれませんが、
“スマホの買取”と聞くとイメージが付きやすいかと思います。

簡単にいうと、皆さんが使用していたスマートフォンを買い取らせて頂き、
次に使う方の元へお届けするためのお手伝いをすることです。

今では、個人でもフリマサイトを利用して
スマホを売ったり買ったりできるようになりましたが、
それもスマホのリユースの一つになります。

しかし、個人での売買は条件があったり、
自身で購入者とやり取りをしたり発送したりと手間がかかります。
お忙しい方には面倒と感じる方もいると思います。

そのような方の為に、
持っていくだけで簡単に買い取ってもらえる
弊社が提供しているようなサービスがあるのです。

買い取ったスマホの行く先は?

買い取ったスマホはその後どうなるか。

そのまま店舗で販売し、次に使いたい方が買うといったところもありますが、
他にも、インターネットで販売したり、海外へ輸出するなどの方法もあります。

海外では、日本の中古端末の需要が高いそうです。
それはなぜかというと、日本人は物を大切に扱うというイメージが強く、
中古端末でもキレイというのが理由だそうです。

また、一部のパーツが壊れているスマホであっても、
他のパーツを再利用することができる場合もあります。
その場合は、パーツが欲しい業者さんに買い取って頂くなどの方法があります。

つまり、買い取った端末は必要としている方へ販売、輸出されるということです。

それがスマホのリユースになります。

さいごに

リユースについて理解頂けましたでしょうか?
スマホに限らずリユースは環境にも優しい取り組みです。
皆さんが3Rに興味を持ってくれたらこの取り組みはもっと広がっていくでしょう。
まず手始めに、スマホのリユースから始めてみませんか?
弊社のスマホ買取店舗のHPをぜひ一度覗いてみてください!
買取のクイック

コメント

タイトルとURLをコピーしました