データで日本コロナの現状と他国比較、スマホ修理・買取への影響

データ分析 Uncategorized

修理店舗・業者向け、iPhoneフロントパネルを格安販売

株式会社ブループリント、中村でございます。

4月で7期目に突入しました。

 

 

 

最近はもっぱらコロナ関連の話題で持ちきりで私自身も会社の経営、今後の世界の行末にめちゃくちゃ不安を感じております。恐らくみんなコロナの煽りを受けての首相や都知事の会見、助成金や給付金関連などを逐一ウォッチする習慣がついて、この手の情報を日に何度も目にする状況だと思います。

 

世界的に未曾有の出来事なので未来の予測が立てづらく、ここまで全ての人間の実生活に影響を与えるものとは誰も思わなかったからかパニックで自粛の同調圧力や逆に自粛し過ぎて経済が・・・など両極端な意見や議論が割と感情論強めで散見されているのと、情報ソースが錯綜してよくわからなかったので自分が気になるデータをスプレッドシートにまとめてみたのでその中から抜粋して記載します。

 

死ぬこと以外かすり傷の精神で生きていますが死んだら元も子もないので、不謹慎かもしれないですが各国の感染後の死亡確率を4月12日時点で公表されているデータを元にして死ぬ確率を大枠で算出しました。

あとこんな状況下でもなんとか会社は運営、存続していかなければならないので自社のメイン事業(スマホ修理・買取)に影響あったことなどをまとめてみました。振り切った明言はなるべく避けて書いていくのではっきりしない部分もあると思いますが参考までに一読いただければ幸いです。

コロナに感染してからの死亡率

確率で言ったら低いですが、人命として考えたら高く感じます。

イタリアが著しく死亡率が高くなっている原因は医療崩壊による部分が大きそうですね。

医療崩壊すると一気に死亡率が上がるのだとしたら、最近医療崩壊について恐怖心を煽る情報発信、拡散希望が多いのもわからなくもないなと。

日本国内での東京の感染者割合が約30%と非常に高いです。東京都は日の感染者数がアベレージで150人を超えて来ており緊急事態宣言を発令してからも増加傾向なのは非常に怖いですね。

東京都の1ヶ月後の感染者数、死亡者数予測

※12日から30日後で計算

12日時点死者数42人で感染者数が大目に見て1日200人×30日経過した場合の試算をしてみました。

感染後死亡率を中国と同等に設定した場合現在の約8倍の死者数との予測。8倍という跳ね方はめちゃくちゃ大きいが他国比較した場合そこまで重症ではない。

コロナによる死亡者数降順1〜10か国

国・地域 感染者 死亡者 死亡率 降順
計202ヵ国 1,734,448 107,639 6.21%
米国 527,111 20,506 3.89% 1
イタリア 152,271 19,468 12.79% 2
スペイン 161,852 16,353 10.10% 3
フランス 93,790 13,832 14.75% 4
英国 78,991 9,875 12.50% 5
イラン 70,029 4,357 6.22% 6
ベルギー 28,018 3,346 11.94% 7
中国 82,052 3,339 4.07% 8
ドイツ 125,452 2,736 2.18% 9
オランダ 24,413 2,643 10.83% 10

上位10か国で感染者数1,343,979人で全体割合で約78%

死亡者数96,455人全体割合で約90%を占めています。

 

人口に対してのコロナ感染率、死亡確率

初の感染者が確認された日は発生源の中国以外大体横並び。人口に対しての死亡確率は運が悪いとしか言い様がないレベルの確率かなと。テレビかなんかで誰かが海外から見た日本の対応はありえない!みたいな感じで言っていましたが実際の数値で見ると煽りすぎている感を私は感じました。逆に政府の自粛へ徐々に誘導する施策は対応としては悪くないのかなと。(雇用調整6割しか出ないとか、前年比の数字からの減少条件とか手続きの面倒さとかおいておいて)数字的には他国比較して見てかなり優秀なのではないかという印象です。

4月12日時点東京都感染者数(参照元:東京福祉保健局)(参照元:Wiki)

4月12日時点感染者の多い国(参照元:厚生労働省)

 

日本の感染者数は世界で202カ国中26番目(表は上位30か国)

国・地域 感染者 死亡者 降順 死亡率
1,734,448 107,639 6.21%
米国 527,111 20,506 1 3.89%
スペイン 161,852 16,353 2 10.10%
イタリア 152,271 19,468 3 12.79%
ドイツ 125,452 2,736 4 2.18%
フランス 93,790 13,832 5 14.75%
中国 82,052 3,339 6 4.07%
英国 78,991 9,875 7 12.50%
イラン 70,029 4,357 8 6.22%
トルコ 52,167 1,101 9 2.11%
ベルギー 28,018 3,346 10 11.94%
スイス 24,821 830 11 3.34%
オランダ 24,413 2,643 12 10.83%
カナダ 23,301 653 13 2.80%
ブラジル 20,727 1,124 14 5.42%
ポルトガル 15,987 470 15 2.94%
オーストリア 13,776 337 16 2.45%
ロシア 13,550 106 17 0.78%
イスラエル 10,743 92 18 0.86%
韓国 10,512 214 19 2.04%
スウェーデン 10,151 887 20 8.74%
アイルランド 8,928 320 21 3.58%
インド 7,529 242 22 3.21%
エクアドル 7,257 297 23 4.09%
チリ 6,927 65 24 0.94%
ペルー 6,848 181 25 2.64%
日本 6,748 98 26 1.45%
ノルウェー 6,409 92 27 1.44%
ポーランド 6,356 181 28 2.85%
豪州 6,303 54 29 0.86%
デンマーク 6,191 247 30 3.99%

死亡率10%超えがスペイン、フランス、イギリス、ベルギー、オランダとヨーロッパ勢が異常な数値。死者数上位がヨーロッパ多くアジア系が少ないのでアジア系はコロナに対する耐性が人種として強いという仮説が立ちそう。

感染者数の増加が最近になって始まったので依然として余談を許さない状況です。国内の雰囲気的にはゴールデンウィークまでで一つの区切りとして持っていこうとしていますが、まだまだこの状況が続くのではないかと予測します。

東京都の自粛要請先一覧の中で弊社業種該当部分色付け

4月13日発表東京都自粛要請先(参照元:東京都防災ホームページ)

ここからは自社の事業への影響について考えてみたいと思います。

まず営業しても大丈夫なのかどうか。

昨日東京都の休業要請業種の細かい区分が公表されましたが一応下記赤字部分に該当するため今のところ営業は続けることは出来そうです。実際に売上は減少傾向ではありますが来店は思ったより減っていない状況です。(先月対比で約20%〜30%の客数減少)

商業施設
ペットショップ(ペットフード売り場を除く) 対象
【床面積の合計が1,000平方メートル超の施設】
施設の使用停止及び催物の開催の停止を要請(=休業要請)【床面積の合計が1,000平方メートル以下の施設】
施設の使用停止及び催物の開催の停止について協力を依頼。
ただし、100平方メートル以下の施設については、営業を継続
する場合にあっては、適切な感染防止対策の徹底を依頼
ペット美容室(トリミング) 対象
宝石類や金銀の販売店 対象
住宅展示場(戸建て、マンション) 対象
古物商(質屋を除く。) 対象
金券ショップ 対象
古本屋 対象
おもちゃ屋、鉄道模型屋 対象
囲碁・将棋盤店 対象
DVD/ビデオショップ 対象
DVD/ビデオレンタル 対象
アウトドア用品、スポーツグッズ店 対象
ゴルフショップ 対象
土産物屋 対象
旅行代理店(店舗) 対象

 

その他
理髪店 対象外
【要請の内容】
適切な感染防止対策の協力を要請※物価統制令の対象となるもの
美容院 対象外
銭湯(公衆浴場)(※) 対象外
貸倉庫 対象外
郵便局 対象外
メディア 対象外
貸衣装屋 対象外
不動産屋 対象外
結婚式場(貸衣装含む) 対象外
葬儀場・火葬場 対象外
質屋 対象外
獣医 対象外
ペットホテル 対象外
たばこ屋(たばこ専門店) 対象外
ブライダルショップ 対象外
本屋 対象外
自転車屋 対象外
家電販売店 対象外
園芸用品店 対象外
修理店(時計、靴、洋服等) 対象外
鍵屋 対象外
100円ショップ 対象外
駅売店 対象外
家具屋 対象外
自動車販売店、カー用品店 対象外
花屋 対象外
ランドリー 対象外
クリーニング店 対象外
ごみ処理関係 対象外

スマホの買取は「古物商」に該当します。パッと見た時うわ〜休業要請なったわ〜><と思って落胆と今後どうしよ?となりましたが100平方メートル以下の施設については、営業を継続と記載があり一安心。※100平方メートル=約30坪で弊社店舗は全て30坪以内でした。

 

スマホ修理に関しては修理店に該当するので対象外。

休業対象外の業種について「社会生活を維持するうえで必要な施設」ということで、iPhone、iPadなどの修理はAppleストアはずっと休業していて対応不可、Android端末はそもそも直せるところが少なさすぎるし、正規メーカーは実店舗構えて故障対応などしていないのでもし端末が壊れた場合直すところがないはきつすぎるので休業要請はないだろうと願っていました。都心でスマートフォンはそれなしでは生きられないレベル、インフラレベル。

自社の事業、スマホ修理(リペア)・買取(リユース)への影響は?

新型コロナの影響によって

・自粛しなければ非国民的な雰囲気の中での営業どうするか

・もし営業できなくなった場合の助成金、給付金系の情報収集

・テレワークする場合何ができてどれくらいの工数あるかの棚卸

・通常とは違う要因を考慮したPLとキャッシュフロー、最大赤字額の計算

etc……

などなどこれ以外にもたくさんいつもよりやること考えることがめちゃくちゃ増えました。上記は自分の問題なのでコロナで実際に影響があったTopixを上げてみます。

スマホ修理に使う部品の輸入ができない!?

中国が旧正月に入った頃にコロナの感染が拡大し、休みが明けても工場が稼働できないかもしれないという情報が入りました。その後3回くらいに渡って休みが延長された通知が来て、2月後半には4月8日まで基本休みと連絡がきました。。部品がないと修理はサービス提供ができなくなってしまうため、部品の需要が一時的に爆発して相場が上がりましたがなんとか3か月分くらい持つ在庫を確保することができました。

商業施設(館、ショッピングモール)の休館

これホントきつい、全店インショップ、大多数インショップで運営されている同業、他業種両方でお付き合いがある会社様が何社かありますが売上から雇用までほんとキツそう。弊社はインショップ2店舗で1店舗は完全休業になりましたがそれでも大変なので全店休業とか想像を絶する。。ただ救いなのが大体の商業施設は営業日数に応じた家賃の減額措置対応をとってくれます。てか営業できないのに固定費満額請求されたきつすぎる。。

スマートフォンの販売台数減少による買取需要の減

今年の2月時点で携帯電話の出荷台数が昨年対比で63.5%、スマートフォンが75.3%減少しており、3月はまだ数字が出てないですがもっと減っているであろうことが予測できます。スマホの買取は販売台数に需要のトレンド比例します。また3月は1年で最も携帯が売れる月=稼ぎ月なのでここで利益を積めない状況になったのはかなりの痛手でした。。

参照:2020年2月携帯電話国内出荷実績

緊急事態宣言による客数減と自粛しなければ非国民雰囲気

単純に不要不急の外出自粛要請が出ているので、外出する人が減って急ぎでサービスを利用したいというお客様以外が減りました。実際問合せ数は10%ほどの減少でしたが来店になると25%〜30%減りました。

人の命と会社の売上どっちが大事なんだというような極論でのお問い合わせを匿名でいただきました。誰も経験したことのない事態に直面しているのでそういった感情になるのもわかります。

しかし修理業は正規サービスが休業している以上必要なサービスであるはずです。最近ではただの画面割れや電池持ちが悪くてバッテリー交換などより、画面が映らない、水没して起動不可などのご依頼を多くいただいているようです。キャリアショップも営業停止している店舗が多数あるので、機種変更も簡単にできない、修理にも出せないという状況ではデータ消えて新しい端末を高い金額で買わざるをえない、連絡が取れなくなるなどの弊害が起こります。

多くがデジタルシフトしているのでスマホやPCが使えないと非常に困る世の中。医療機関が必要なのは人間だけじゃない、機械もだと思います。

オンライン(宅配など)での需要増によるその強化

外出できないが宅配業者など流通は機能しているのでオンラインでの需要は全ての業界増えているようで、この機会に受け皿を整えていってます。事業特性上WEB関係の業務タスクがけっこう大量にあるので。内製化するのとテレワークでできる仕事のウェイトも増やして管理していく仕組みを作っていきます。

まとめ

売上が上がっている業界としてはテレワークで稼働できるアウトバンドのコールセンターやWEB制作やシステム開発関係、飲食は絶望的だが酒屋はオンライン飲み会や自宅飲みが多くなった影響で伸びているとか。

しかし大多数の人にとって逆境と言える状況です。

実際に事業縮小などによる失業や仕事が休業になって収入が減った層が増加、求人募集している会社の減少などにより自社で出していた求人広告にいつもより約2倍ほどのエントリーがあったり、知り合いの会社で店舗数を縮小させる、閉店させる、従業員の解雇をせざるをえないケースなどを耳にするようになってきました。(逆にいい人材を確保するチャンスでもあるが)

かなり難儀な年になりそうですがこの局面なんとか乗り切ってレバレッジが効いた成長ができるように冷静に目の前の出来事に対応してきます。

 

コメント

  1. […] データで日本コロナの現状と他国比較、スマホ修理・買取への影響 […]

タイトルとURLをコピーしました