iPhoneの液晶パネル・スモールパーツは兼用できるものがある!?

iPhone情報

修理店舗・業者向け、iPhoneフロントパネルを格安販売

こんにちは!株式会社ブループリントです。

皆さんはiPhoneのパーツに兼用できるパーツがあるのはご存知ですか?
有名なところでいうとiPhone5sとiPhoneSE 第一世代の液晶パネルがありますが、
実は、『この機種も!?』『こんなパーツも!?』と思うようなパーツも兼用できます。
今回は、そちらをご紹介していきたいと思います。

【意外!?】このiPhoneパーツ実は兼用なんです!

こちらの記事ではYoutubeには載せきれなかったパーツも紹介していきます!

また、以前にも兼用パーツを紹介させていただいたことがありますが
機種も増えましたので、改めて写真付きで紹介させて頂きます!

過去の記事も載せておきます!
共用できるパーツ・できないパーツ

液晶パネル

まずは液晶パネルからご紹介させて頂きます!

iPhone5s・SE 第一世代

こちらはおそらく一番有名かと思います。
以前の記事でも紹介しておりますが、
iPhone5sとiPhoneSE 第一世代は同じ液晶パネルが使用できます。

iPhone7・8

続いては意外と知られていない!?iPhone7とiPhone8の液晶パネル。
実はコネクタが一緒で、コネクタをつけると液晶がつきます!
しかし、写真の通りツメが違うので、ピッタリとパネルをはめることはできません。

iPhone8・SE 第二世代

現在の最新機種iPhoneSE 第二世代とiPhone8は同じパネルが使えます。
しかし、パネルの構造には若干違いがあります。
iPhone8は3Dタッチセンサーが内蔵されており、iPhoenSE 第二世代にはそれがありません。
その分iPhoneSE 第二世代のパネルは厚みが薄くなっています。
現状使うことができますが、iOSのアップデートをされた途端使用できなくなる可能性もなくはないので、注意が必要です。
できれば専用パーツが出てから修理するのが理想でしょう。

こちらに関しては一度Youtubeで実験したことがありますので、ぜひ動画でご覧ください!

【iPhoneSE 2 (第二世代)】iPhone8のパーツが流用できるかも!?

iPhoneX・Xs

こちらは知っている方もいらっしゃるかもしれませんが、
iPhoneXとiPhoneXsはコネクタが一緒なので、コネクタをはめて画面をつけることができます。
しかし、ツメの位置や幅が若干違います。
また、イヤースピーカー+近接センサーのパーツを取り付ける際のネジの位置が違います。
こうした理由から、パネルを完全にはめることはできません。
iPhone7・8の液晶パネルもそうですが、データを抜き出すために画面さえ映ればいいという場合や、仮付をするだけであれば、使用することができます。
在庫切らしているけど仮付できればいいという場面では役に立ちますので覚えておいても損はないと思います。

スモールパーツ

続いては兼用できるスモールパーツをご紹介いたします!

iPhone5s・SE 第一世代

・イヤースピーカー

・ラウドスピーカー

・ホームボタン

iPhone5sとSE 第一世代は、液晶パネル以外にも兼用パーツが3つもあります。

iPhone6・6Plus

・ホームボタン

iPhone6・6s

・カメラレンズ

ややこしいことに、ホームボタンはiPhone6とiPhone6Plusが一緒なのに、
カメラレンズはiPhone6とiPhone6sが一緒なのです。
覚えにくいかもしれませんが、わからなくなった時はこの記事を読み返していただければと思います!

iPhone6s・6sPlus

・ホームボタン

iPhone6Plus・6sPlus

・カメラレンズ

こちらもややこしいですが、カメラレンズが一緒なのは、iPhone6Plusと6sPlusです!

iPhone7・8

・イヤースピーカー

このiPhone7・iPhone8のイヤースピーカーですが、なんとiPhoneSE 第2世代にも使用できることが判明しました!

・カメラレンズ

iPhone7・iPhone8のカメラレンズもiPhoneSE第二世代で使用できます!!

iPhone7・iPhone7Plus

・ホームボタン
ホームボタンですが、現状取り付けて使用できるホームボタンがないわけではありませんが、あまり出回っていません。
基本的にはホームボタンは壊れたら修理できない箇所と思っておいてください。

iPhone8・8Plus

・ホームボタン
iPhone7・7Plus同様、ホームボタンは基本的に替えの効かないパーツになります。

iPhone7Plus・8Plus

・イヤースピーカー

・カメラレンズ

iPhoneXs・XsMax

・アウトカメラ

本体のサイズは違いますが、アウトカメラは兼用になっています!

・カメラレンズ

アウトカメラが兼用ということで、カメラレンズも兼用です。

・スリープケーブル

こちらは意外かと思いますが、iPhoneXs・XsMax兼用となっています。

iPhone11Pro・iPhone11ProMax

・アウトカメラ

iPhone11Pro・11ProMaxもアウトカメラが兼用なのです!!

・カメラレンズ

カメラレンズも兼用です。
写真はレンズ3枚写っていますが、カメラレンズの種類は2種類です!
広角・望遠はレンズが同じ、超広角のみレンズの黒い縁が細いものになっています。

iPhone8・iPhoneSE第二世代

・TAPTICエンジン

TAPTICエンジンとは、バイブレーションのことです。
まさかこのパーツがiPhone8とiPhoneSE第二世代と兼用とは意外です。

・ラウドスピーカー

こちらも意外でした。
iPhone8とiPhoneSE第二世代は、iPhone5sとiPhoneSE第一世代のような関係に似ていますね!

 

如何だったでしょうか?
兼用だと知っているパーツもあれば、これも兼用!?というような意外なパーツもあったのではないでしょうか?
もし、在庫を切らしていて困った時に、この記事を見返して頂けたら、
兼用のパーツが見つかるかもしれません!

どんどん新機種が出てくるiPhoneなので、
また機種が増えたときには記事を書かせていただこうかと思います!

フロントパネルなどのパーツのご注文はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました