ファーウェイがやばい!影響は日本にも!?

huawei ブログ
引用元:BBChttps://www.bbc.com/news/business-46465438

修理店舗・業者向け、iPhoneフロントパネルを格安販売

引用元:BBChttps://www.bbc.com/news/business-46465438[/caption]      

1ファーウェイって? 2ファーウェイと米国の摩擦の原因は 3日本にも打撃が、、 4ファーウェイの評判はガタ落ち!?

   

1ファーウェイって?

        ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は、1987年に中国・深センに設立された従業員持株制による民間企業であり、世界有数のICTソリューションプロバイダーです。18万人以上の従業員の献身とお客様志向のイノベーション、お客様との強い信頼関係により、通信事業者向けネットワーク事業、法人向けICTソリューション事業、コンシューマー向け端末事業の各分野におけるエンドツーエンドの競争優位性を確立しています。ファーウェイは通信事業者、企業、消費者の皆様に最大の価値をもたらすべく、競争力の高い製品やサービスを170か国以上で提供し、世界人口の3分の1にもおよぶ人々のICTソリューションニーズに応えています。2012年に売上高でエリクソンを超えて世界最大の通信機器ベンダーとなっています(モバイル・ブロードバンド製品、モバイル・ソフトスイッチ、パケットコア製品、光ネットワーク製品では世界シェア1位)。現在ファーウェイは300近い通信事業者に製品・ソリューションを提供しており、世界トップ50事業者のうち45社がファーウェイの製品・ソリューションを使用しています。スマートフォンにおいては、出荷台数・シェアともに世界3位であり、世界シェアでアップルを抜いて世界2位になったこともあるほどの実力があります。           ファーウェイのビジョン・ミッションは、「あらゆる人、家庭、組織にデジタル化の価値を提供し、すべてがつながったインテリジェンスな世界を実現する」ことです。通信業界で長年培ってきた経験やノウハウを生かし、あらゆるものがつながって新たな価値を生み出す肥沃な土壌を醸成し、デジタル化がもたらす利益を誰もが享受できるよう尽力しています。またファーウェイは、環境に配慮したソリューションを提供することでお客様の電力消費や二酸化炭素排出量、リソース・コストの削減を実現し、持続可能な社会の形成、経済の発展に貢献しています。 以下HUAWEI製品の新作を載せておきました。
スマートフォン| ファーウェイジャパン
ファーウェイ ジャパンサイトで最新かつ最高のスマートフォンを見つけましょう。HUAWEI P20 Pro、HUAWEI Mate 10、HUAWEI Y、HUAWEI Novaシリーズなどをチェック。手間なくファーウェイの携帯電話を購入して、サポートを受けましょう。
 

2ファーウェイと米国の摩擦の原因は

        ではでは皆さんがよく見る記事では以下のようなことが書いてあると思います。そしてこれがファーウェイの現在の状況です。米政府が5月の中頃に事実上ファーウェイに向けて大統領令に署名して米国籍の企業に取引を禁止する企業のリストにファーウェイを入れました。そしてこの行政令が今後のファーウェイに対する不安要素の大きな原因になりました。       Googleがファーウェイと一部ビジネスを停止したことで、ファーウェイの端末はAndroidの最新版にアクセスできなくなるとのことです。これによって、今後発売されるファーウェイスマートフォンはAndroid OSを実質的に搭載することができなくなります(したがって現行ユーザーは、Android OSをアップデートしない状態なら、今までどおりの使用が可能です)。 今後ファーウェイが利用できなくなるのは、Androidだけではありません。Google Play StoreやGmail、YouTubeといったスマートフォンユーザーには必須のサービスも、ファーウェイが将来的にリリースしたAndroid端末では、中国国外で利用できなくなります。中国ではこれらのサービスに対して規制がかかっているため、実質的にはすべての国で利用できないことになります。

では根本の原因は何???

これまで上記で言ってきたように米中間で、関税を巡る貿易摩擦が続いています。両国ともに解決の方向性を模索しているものの、まだ井手口は見えていません。2019年2月の中国の輸出が20%以上減少するなど、実態経済にも大きな影響が出ています。         問題の発端は、2018年8月に、アメリカが政府内で、ファーウェイやZTEの製品の仕様を禁じる法案が可決されたことです。これまでも禁止しようとする動きはありましたが、正式に法律で可決されたことで、ファーウェイ締め出しの動きが加速されました。そして2018年12月、ファーウェイ創業者の娘で副会長の孟氏が逮捕されると、この問題はさらに表面化します。容疑としては、「米国が経済制裁を科すイランに違法に製品を輸出した」とのことでした。もちろんファーウェイ側は抗議しており、現在は保釈されているものの、これでファーウェイ問題が表沙汰になったのです。       現在もファーウェイと米国の対立は続いています。この問題は、アメリカにとどまらなくなっているのです。例えば、日本でも、総務大臣が、ネットワークの安全性を求める声明を出し、大手キャリアは、ファーウェイ製品を基地局には採用しない方向で動いています。また、ニュージーランドやオーストラリアではすでに5Gの技術にファーウェイ製品を使用しないという結論を出しているほか、ヨーロッパ各国でも、ファーウェイの導入を巡り、様々な思惑が駆け巡っています。もはや、ファーウェイ問題は、世界的な問題になっていると言えるでしょう。  

3日本にも打撃が、、、、、。

    ファーウェイの問題は日本にも及んでいます。他人事ではないのです。 ファーウェイが夏商戦向けに日本の携帯電話大手やMVNOが投入を予定していた「HUAWEI P30Pro」や「HUAWEI P30 lite Premium」などのスマートフォンは、各社が次々と発売の延期や予約の中止を発表。SIMフリースマートフォンとして5月24日に発売した「HUAWEI P30」などは、一部の家電量販店で予定通り販売が開始されたものの、大手通販サイトのアマゾン・ドット・コムが発売を見送るなど、店舗によって対応が分かれており、混乱している様子がうかがえます。       なぜ、米国と中国の問題がなぜ日本にも及んでいるかというおもな理由は「Android」にあります。ファーウェイ製のスマートフォンは、OSにオープンソースのAndroidを採用していますが、そのAndroidを開発し、なおかつ「Google Play」などAndroidに欠かせないアプリやサービスを提供しているのは米国企業のグーグルであるため、今回の制裁はグーグルとの取引にも影響が及んでしまうわけです。今後、の影響を見ていくためには2018年に同じように制裁を受けた中国のZTEのケースを振り返ると見えてきます。同社は、制裁後にオンラインアップデートをするためのサーバーが停止し、OSやセキュリティのアップデートができなくなるなど、既存のZTE製端末の利用者にも大きな影響が及びました。同じような制裁を受けたファーウェイ製品も同様の影響が出る可能性が高いことから、携帯電話会社やMVNOなどは制裁の影響が明確になるまで、ファーウェイ製のスマートフォンの販売を見送っているのです。       こうみると既存のファーウェイ製のスマートフォンを利用している人にしか影響しないものに見えるかもしれませんが、実は我々の生活にも大きな影響を及ぼす可能性があります。その理由はファーウェイは米国のみならず、日本の企業からも半導体などの多数の部品を調達しているからです。ファーウェイはアップルを抜いて世界で2番目に出荷台数を誇っているメーカーであり、日本からの部材調達額は2018年に6700億円とそうとうな額になります。       これだけの影響力を持っているファーウェイがスマートフォンを作れなくなってしまうと、ファーウェイに部材を提供してきた数多くの日本企業は一気に厳しい状況になります。そうなると日本の経済そのものにも影響が及び、最悪私たちの生活にも影響が及ぶ恐れがあります。        

4ファーウェイの評価はガタ落ち!?

      上記でも述べているようにファーウェイ製品の販売の見送りなど日本にも少なからず影響があるのでファーウェイの評価はガタ落ちしてしまっているのでしょうか、、。   これまでのファーウェイの評価は「世界で高い評価を受けているメーカー」でした。 ファーウェイのヒット商品「P9/P9Plus」シリーズは世界で1200万台を販売し、ヨーロッパ消費者スマートフォン2016-17部門でHUAWEI P9が賞を受賞。 日本だとひと昔前は中国製品は安くて品質が悪いイメージがありましたが今はだいぶ状況が変わっています。実際にモノもしっかりしていて価格は安いです。     現在はというと印象はそこまでは悪くなっていないのです。確かに米国との関係を見ていると今後大丈夫かという気持ちになります。しかしもともと製品自体は安くて使い勝手がよく2018の数字を見てもそれはよくわかります。米政府とのバトルが続いているにもかかわらず、ファーウェイは2018年12月期の決算を発表し、スマートフォンやデバイス事業の急成長により純利益は25%増の593億人民元(約88億4000万ドル、約9800億円)だったと明らかにしました。まとめると、心配の声は勿論あるが今のところまだまだ既存のいいイメージは残っているように見えます。 苦境にもた立ち向かって頑張っている。今後さらなる動きに注目が集まる。                      ]]>

コメント

タイトルとURLをコピーしました