世界の中心は深圳だった、、。

ブログ

修理店舗・業者向け、iPhoneフロントパネルを格安販売

深圳は全地球の経済の中心となり、イノベーションは都市の特色となります。こう語るのは张五常氏。中国の経済を長年分析してきた人物です。今回の記事では彼が実際にインタビューで答えたものを整理してまとめてみました。

   

    4月20日、「中国の経済システムの分析における最初の人物」として称賛され张五常は、現在の深圳の状況を見て、「深圳は現象なのか?」と題した演説を発表した。 1時間近くのスピーチの中で、白髪の张五常は深センの将来の発展に対する彼の自信を隠さなかった。「深センは全地球の経済の中心になるだろう」。   「二年前、私は10年後には、深圳は米国のシリコンバレーを超えると推測した。中国経済は現在良くないが、まだ8年がある。急いでやるべきではない。」 地区の首脳会議と深センの未来で、国際的に有名な経済学者張武昌が彼の演説で述べた。   同日、張呉は、改革と開放の過去40年における深センの発展、深センの将来の発展、深センの発展における東莞の重要な役割、そして関税ゼロをレビューした。

             

第一に、深センは地球全体の経済の中心へ

 

演説の中で、张五常は2年前に彼の博士論文「テナント農民の理論」についての彼の古くからの同僚と米国からの学生との会合を思い出しました。 この間、彼は友人たちを浜辺の散歩に導き、深圳の将来を事前に判断しました。アメリカの学生たちと深圳について語ったのは面白いですが、、。

   

10年後、深圳はアメリカのシリコンバレーを超えるという。   「私はその時に言った:私が言ったことを思い出しなさい。あなたがこの瞬間に立っていた土地はこれである。それは悪くない。いつか地球全体の経済の中心になるだろう。誇張?もちろんそれは言い過ぎかもしれないしかし、30年前、私は上海経済が香港を上回るだろうと推測し、今日は深センが上海を上回ると推測しています。   张五常は、この推測をするのは難しいことではないと述べました。 国際経済発展の中心は常にベイエリアに頼ってきました。 広東省、香港、マカオももちろんベイエリアですが、「ディープ」という言葉は含まれていない。 間違いなく、「広東省、香港、マカオ」に名前を入れることができない深セン市が、このベイエリアのリーダーになるだろう。

現在も発展途上の深圳経済は、香港を上回るだけでなく、台湾をも超えています。

こう見ても深圳の可能性を感じることが感じることができますし、また楽しみでもあります。    

第二に、東莞の存在は深センにとって決定的である

     

张五常は、深圳の急速な発展の重要な理由はその地理的な利点であると考えています。また、 もう一つの重要な要素は、隣の東莞だそうだ。  张五常は、東莞(恵州市、深圳市の隣)は、無数の種類の製品を製造し、とても早く、そして安価に製造できる都市です。  様々な製品を製造できる産業の多様化と仕事の相互分配の利便性に関して、东莞は疑う余地がないのだ。

   

第三に、ゼロ関税はゼロでなければならない

 

関税問題では、张五常はイギリスから始めることを提案し、中国とイギリスの間のゼロ関税はイギリスにとって良いことだと彼は信じた。   「英国との関係は常にゼロ関税に近づいてきました。中国とイギリスの相互ゼロ関税。中国とイギリスにおけるゼロ関税の実施は、このジレンマのすべての問題を解決します。 これだけでなく、北京がヨーロッパの先進国に、誰もが関税ゼロだと言って、そしてまた英国でゼロ関税を吸うように頼むならば、彼らは確かにそれを受け入れてくれるでしょう」と张五常は信じています。

 张五常は、中国のゼロ関税の輸入はゼロであると強調した。 輸出入の手続きは香港で検討されるべきであり、そしてまた、できるだけ単純であるべきだと言う。   「中国の非関税は世界に衝撃を与えるだろう。中国は裕福な国ではないが、市場は非常に奇妙なものである。私たちが価値の高いハイテク製品を数えなければ、日常の製品を見れば、中国の市場は地球を占める。 その半分、もちろん、そのような利点を持つ権利があります」と张五常氏は述べました。

 

张五常は、中国と西側先進諸国が関税ゼロを提案すれば、貿易摩擦の問題は容易に解決されると考えている。 「アメリカにはフランスの香水やロレックスの時計のようなブランドの消費財は多くありません。それらには、中国よりも飛行機、農産物、高度な医療用医薬品、そして大学教育がたくさんあります。 やはり今後の中国を発展させていくにはアメリカとの関係は無視できません。」

   

第四に、転送の解除は前海の未来である

   

銭海の将来の発展について話すとき、張武昌氏は次のように述べています。「銭海の設立は、国際金融センターの建設と人民元の国際市場への導入です。人民元を国際市場で米ドルに置き換えることはそれほど簡単ではありません。」   张五は、しかし、国際市場への人民元の導入は確かにある程度までドルに取って代わると確信しています。 このようにして、中国と米国の間に利益相反があります。 「ピーナッツも同じ市場で販売しています。みんなの利益が競合しないようにするにはどうすればよいですか。」   人民元が国際的に打ち上げられるのであれば、すべての外国為替管理を解除する必要があります。 「米ドルの国際的な承認には外貨準備が必要ないため、米国には外貨準備がありません。私はずっと前にこの情報を読みました。国際ドル準備は約62%、人民元は約100%です。

     

 张五常は、1988年という早い時期に、中国はすべての外国為替管理を撤廃し、人民元に国際的視野を広げると述べたと述べた。   张五常は、人民元を国際人民元に投入する経済的論理を分析した:人民元は国際的に投入されるべきであり、送金の初期段階では、中央銀行の外貨準備は失われ、外国人は人民元が受け入れられる。 人民元および中央銀行の外貨準備の輸出入を調整する1つの方法は、人民元の外貨に対する為替レートを調整することです。   上記の理由から、人民元は米ドルの一般的な許容範囲からかけ離れているため、人民元は最初に国際的な打ち上げを決定付ける必要があります。

補足すると、中国は政府が為替レートの管理に入っている。したがって、市場で自由な取引ができず、ほかの国々にとっては中国と取引する際ほかの国にはない政府による規制が入るためなかなか活発な取引ができない状態にある。そのためにはやはり政府の介入をやめて自由に売買できる環境に人民元を置いておく必要がある。]]>

コメント

タイトルとURLをコピーしました