1記事で深圳がわかる!Part1

ブログ

修理店舗・業者向け、iPhoneフロントパネルを格安販売

ものすごいスピードで日常が変わる深圳。しかしまだ名前を知っているだけではないだろうか。これから2つのPartに分けて、深圳市の各区の目標や取り組みの状況を紹介していく。これだけ見れば深圳について理解できる。

   

1福田 深圳の代表として世界競争へ 2罗湖 これから発展を遂げるために 3南山 深圳港CBDを作り上げる。 4塩田 会議の経済レベルを向上させ、海洋経済の発展を加速させる 5宝安 空港新市と宝安中央区の建設

   

1福田 深圳の代表として世界競争へ

            金融は福田区の強みである。福田区はこの金融の強みを強化しようとしている。 主に深圳に国際金融街建設を目論む。金融、文化、技術を融合させマンハッタンやシリコンバレーに近いような存在を目指す。世界レベルの経済発展を遂げようとしている。また、福田区は深圳を代表し積極的に地域協力、国際協力や世界競争に参加する。具体的には積極的に一帯一路の建設に参加した地域と協力しながら経済や文化などを互いに発展させていく。国外の研究機構との協力を強めイノベーション産業をリードしていきたいと考えている。          

2罗湖 これから発展を遂げるために。

            近年、昔ながらの罗湖が変化しだしている。 2018年罗湖エネルギーを経済発展に大きく注ぐことを最上位の目標に掲げた。 大規模なイノベーション区を目指すために、イノベーションのための資源を多く取り入れ「大梧桐新興産業地帯」の形成を促進する。罗湖の全面的な改革をするためにはその地区の開拓が重要である。5項目の都市更新企画、8項目の区域更新企画、6項目の都市環境企画などこれからの承認を受けようとしている。罗湖はまた国際的にも一流な消費都市を目標にしている。東門と人民南の改造、向上を促進し、大世界、時代広場などの改造企画を完成させる。港地帯の経済形成もまた促進する。          

3南山 深圳港CBDを作り上げる。

              CBDとは中心業務地区の略で、多数の人口が集中する都市において形成される官庁、企業本社、大規模商店などが集積した地区である。南山区は福田区CBD、罗湖CBDにつづいて第三のCBDである。2018年南山区はイノベーションの強化をさせようと考えた。生命科学の分野において2、3個の高水準の研究所を建設する。環西丽湖科教城の建設を促進し、北京大学、清華大学、国家技術大学のキャンパスを深圳に作り上げる。また、留仙洞、高新区で国際技術交流センターを作る。外国資本や人材を受け入れ投資や企業の形成を進めていく。また深圳のCBDを作り上げ、後海などの開発を中心的に進めていく。中国、広東から世界レベルの企業を育て上げる。            

4塩田 会議の経済レベルを向上させ、海洋経済の発展を加速させる

              山と海の資源の利点を持っている塩田地区は生態学的優先権の概念を固守し、2018年には生態文明のための革新的な制度的メカニズムを探究し、継続的に生態環境保護と統治を強化し、包括的な資源保全とリサイクルを促進する。 地区は、市のGEP会計システムの推進を促進し、情報公開システムを改善し、正規化された追跡と評価を達成します。 企業の炭素排出量検証を実施し、企業の炭素クレジットインセンティブシステムの構築を促進し、そして効率的なインセンティブおよび抑制メカニズムの形成を加速する。 工業開発の面では、塩田地区は観光開発を高め、全地域の観光を深め続けます。     製品のチェーン、ビジネスチェーンおよびサービスチェーンを拡大するために市場の需要を厳密に追跡し、管轄区域内の観光開発のグレードおよび品質を向上させるために多くのブティックツーリズム製品およびルートを開始する。 会議経済の規模と水準を高め、観光業、会議と展示会、ビジネス、文化、スポーツ、その他の産業の発展を促進する。 海洋経済の発展を加速し、競争力の強い海洋バイオテクノロジー産業の育成に努める。        

5宝安 空港新市と宝安中央区の建設

            深圳での製造地域として、宝安はコア競争力を効果的に強化するために今年高品質と高付加価値に焦点を当てます。 それは強い製造部門を築き、126億元以上の工業投資を完遂するよう努力し、そのうち50億元以上が技術変革に投資されるだろう。インテリジェント製造の開発を優先し、「機械代替」や「デジタルワークショップ」などの100を超えるプロジェクトをサポートする。 業界の新しい運動エネルギーを育成し、大港港海洋新興工業基地や中央ヨーロッパブルー工業団地などの主要プロジェクトの建設を促進するための努力がなされる。 広州 – 深セン科学技術革新回廊の重要なメンバーとして、宝安はまた、広州 – 深セン科学技術革新回廊と国際科学技術産業革新センターの建設に参加し、技術革新と包括的な革新を促進する。     今年、地区は研究開発への投資、120億元を超える地域の研究開発投資、GDPへの総社会的研究開発投資の比率が3.5%に増加するように促進し、ハイテク企業500、200ハイテク企業の数を増やすように目指している。 6龙岗 新たな発展へ 市内で2番目に大きい都市である龙岗区は、産業の変革と高度化を加速し、経済発展において新たな飛躍を遂げるでしょう。 2018年には、龙岗は「龙岗計画」をさらに推進し、強力なイノベーション能力と成長の可能性を持つ50-100の中小企業を的確にサポートし、高品質の中小企業をできるだけ早くより強くすることを推進する。高度な製造業や新興産業を積極的に発展させ、华为、赵吃、その他の企業を利用して放射線を導き、情報技術産業の航空母艦クラスターを構築する。     中国の香港大学(シンセン)やモスクワ北朝鮮大学などの国際大学がある龙岗区は、東部科学技術イノベーション本部基地の計画と建設を加速するために、今年、国際大学公園科学技術イノベーションサークルの準備に関する高い基準を提案した。深圳市の中心地となる龙岗地区は、都市空間の総合的な計画のための高い出発点を提案し、深セン – 香港国際センター、深セン国際博覧センター、大屯ハブなどの「都市座標」を支点にして深センに組み込まれる。 東部の中心部、高レベルの「新しい都会の居間」を目指す。]]>

コメント

タイトルとURLをコピーしました